目次

EC2ファミリの使用状況 Reports

Trend Micro Cloud One™– Conformity は、EC2インスタンスの使用状況を把握するためのレポートを2つ提供します。

EC2 usage overview

場所

Main Dashboard > Select { Master Billing Account } > Cost monitoring > Open dashboard > Reports > EC2 usage overview


EC2使用状況の概要には、アカウントのEC2インスタンスの種類が一覧表示され、次の情報:

  1. コスト
  2. 使用の詳細 (例:オンデマンド、予約、スポット

がインスタンスごとに表示されます。

使用例:特定のインスタンスタイプの予約済み使用量と比較して、オンデマンドの使用量が多い場合は、そのインスタンスタイプの予約済み容量を購入する必要があることを示しています。

このレポートは、 Master Billing Accountでのみ使用できます。

Filters を使用して、生成するレポートの日付範囲を設定します。


Master Billing AccountでのみEC2使用状況の概要レポートが表示されるのはなぜですか?

リザーブドインスタンスの購入を最適化するには、EC2使用状況の概要レポートを使用します。リザーブドインスタンスの購入は、 AWS Organization内の任意のアカウントと照合されます。

たとえば、Opsアカウントでt2.microの1年間の予約を購入すると、Devアカウントのt2.microインスタンスと一致します(どちらもリンクされたアカウントです)。

リザーブドインスタンスの最適化は組織全体の問題であり、すべてのアカウント( Master account)の使用にアクセスできる場合にのみ処理できます。

EC2 usage details

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Cost monitoring > Open dashboard > Reports > EC2 usage details


EC2の使用状況の詳細は、EC2インスタンスに関する詳細な情報を提供し、使用状況の種類やインスタンスの種類など、いくつかのパラメータでフィルタできます。このレポートを EC2の使用状況の概要レポート とともに利用して、インスタンスの分布を把握できます。それに応じて処理を実行します。

使用例:EC2の使用状況の概要レポートで、m4.largeインスタンスタイプのコスト最適化の可能性の兆候を見つけたら、このレポートに移動して、m4.largeインスタンスタイプでフィルタできます。レポートの結果では、使用率の傾向と、既存のオンデマンドリザーブドインスタンスによってその使用率がどの程度カバーされているかを確認できます。特定の種類のインスタンスが720時間以上継続的に使用されており、少なくとも1年間は引き続き使用することが見込まれる場合は、そのインスタンス用に予約容量を購入する必要があります。

フィルタ


レポート