目次

Cost Summary And Forecast

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Cost monitoring > Open dashboard

新しい Conformity ユーザ向けのCost Optimisationアドオンは、2020年4月から廃止されました。

Cost Summary and Forecast ダッシュボードには、次の情報が表示されます。

  1. アカウントの主要なコスト指標、および
  2. 次の月のコスト予測

提供される主要なメトリックは次のとおりです。

  1. Cost summaries - 高レベルのコストメトリック
  2. Cost optimisation score - 完全に使用され最適化されたアカウントに向けた進捗率
  3. Cost breakdown - 経常収支のコストと来月の予想コストの背後にある要因を理解する
  4. Cost per region - リージョン別の最適化スコア
  5. Most significant opportunities - アカウントを最適化する機会のランク付きリスト

また、フィルタしてさまざまな種類のコストやクレジットを含めることもできます。


Cost Summary and Forecast ダッシュボードの例:


Cost summaries


現在までのコスト

今月の初日から、対象のマスター請求アカウントでTrend Micro Cloud One™ – Conformityでコスト配分の請求ファイルが最後に処理されたときまでの、選択したアカウントのおおよその費用。

1か月の予測費用

Conformity が各サービスの現在までの処理時間とコスト、および利用の種類に基づいて課金ファイルを処理するたびに、予測が行われます。予測に使用されるアルゴリズムは、オンデマンド(従量制)の使用タイプでは線形で、1回限りの料金(リザーブドインスタンスの購入、月額のフラットサポート料金など)では固定されています。

例1:オンデマンド

これまでのEC2サービスのコストを想定すると、BoxUsageの使用タイプは月の20日に $1000 であり、BoxUsageはオンデマンドの使用タイプであるため、月末までの予測は約 $1500 になります。

例2:事前予約料金

今日は月の20日で、10日に予約 $10,000を購入しました。「登録」料金の予測は、月末まで $10,000で横ばいになります。

[Explore... ]をクリックすると、日付に対するコストと複数のサービスの月次予測を比較したグラフが表示されます。過去数か月間の詳細なコストと推移だけでなく、 フィルタ を使用して、グラフを絞り込むことができます。


先月の費用

先月の現在までのコストに似ています。

注意:この情報は、コスト引当請求書ファイルから抽出されます。

[ Explore ]をクリックすると、過去数か月間の詳細なコストと推移だけでなく、現在までのコストと複数のサービスの月次予測を比較したグラフが表示されます。フィルタを使用してグラフを絞り込むことができます。


Cost optimisation score

これは、 Conformity が監視するすべてのリソースを、課金ファミリがどの程度最適化しているかを示しています。式は次のとおりです。


  • Total Monitored Cost: Conformity はAWS APIを使用して、AWSアカウントに存在するリソースが使用されているかどうかを確認しますが、すべての種類のリソースのコストと使用状況が監視されるわけではありません。Cloud Conformity で監視できる課金ファミリのすべてのリソースの総コストは、 Total Monitored Costと呼ばれます。
  • Waste: Conformity がユーザのAWSリソースを監視しているため、これらのリソースの一部が未使用または未使用と判断される場合があります。これらのリソースのコストは Wasteとみなされます。
  • Utilised Resources Cost = Total Monitored Cost - Waste

処理することで、このスコアを向上できますコスト機会Improveボタンからアクセスできます。Download as Reportをクリックして、コストの機会をCSVまたはPDF形式でダウンロードすることもできます。

注意:

  1. Wasteとコストは、オンデマンドサービスの場合は月単位で計算され、1回限りの初期費用の場合は期間/購入単位で計算されます。たとえば、一部のリザーブドインスタンスを購入したものの、まだ使用していない場合、 Conformity には、リザーブドインスタンスの合計料金に相当する割引が表示されます。つまり、「毎月の予測されるコスト削減」は、現在または先月の使用量よりも大幅に高くなる可能性があります。

Cost breakdown

アカウントのコストと来月の予想コストの内訳については、 コストの内訳 を参照してください。

Cost per region

アカウントのコストが発生する可能性のある場所を地理的に視覚化する方法については、「 Cost per region 」を参照してください。

Most significant opportunities

Conformityで特定されたコスト機会の処理については、「 コスト機会リスト 」を参照してください。