目次

コスト内訳 Summary

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Cost monitoring > Open dashboard > Cost Breakdown

新しい Conformity ユーザ向けのCost Optimisationアドオンは、2020年4月から廃止されました。

Trend Micro Cloud One™– Conformity は、AWSアカウントまたは Master Billing Accountのコスト内訳とトレンドデータを提供します。このデータを使用すると、コストが時間の経過とともにどのように変化したか、またどの要素(どのサービスなど)がコストの変化の主な要因であるかを確認できます。このようなデータは、将来のコストの予測に使用できます。

Conformity には、コストの内訳と推移を把握するための機能が複数用意されています。コストの内訳は次の項目で確認できます。

  1. サービス
  2. 環境
  3. 所有者
  4. タグ ユーザが設定可能

最も高額な概要

次の月のアカウントのコストの上位の貢献者と予測を簡単に確認できるように、Most Expensive Services forecast では、選択した分類の種類別に上位5件のコストの貢献者が表示されます。


コスト予測

各内訳の種類の詳細については、Most Expensive summariesExploreをクリックすると表示されます。次のレポートが表示されます。

  1. 各内訳タイプの完全な詳細(すべてのコスト要因)
  2. 内訳タイプのフィルタと組み合わせが可能
  3. 請求の種類を含めたり除外したりできます。
  4. 検索機能


コストの進化

選択した内訳の種類別に、時間の経過に伴うコストの変動と 翌月の予測 を表示します。棒グラフと折れ線グラフを切り替えることができます。


関連

履歴コストのレポートを作成し、アカウントに保存してスケジュールする方法については、「 Cost Allocation Report 」を参照してください。