アカウントをキャンセルする

Trend Micro Cloud One アカウントをキャンセルするには、次の手順を実行する必要があります。

課金の詳細については、 課金および課金についてを参照してください。

AWS契約の請求をキャンセルする

  1. AWS Marketplaceアカウントにログインします。
  2. [Your Software] をクリックします。
  3. Trend Micro Cloud One 製品の下で、[ ] [契約のキャンセル]、[ ]、[契約のキャンセル]の順にクリックします。

Azureサブスクリプション課金をキャンセルする

  1. Azureポータルにログインします。
  2. 上部の検索バーを使用して、 SaaS(Software as a Service) ページに移動します。
  3. アカウントの名前(例: Example Inc - Trend Micro Cloud One)を選択し、[ ] [の削除]をクリックします。

トレンドマイクロの Cloud One アカウントをキャンセルする

  1. Trend Micro Cloud One アカウントにログインし、 Workload Security コンソールに移動します。
  2. アカウント名をクリックし、[アカウントのキャンセル] をクリックします。
  3. [上記の内容を読み、了解しました] チェックボックスを選択し、[マイアカウントをキャンセルする] をクリックします。

アカウントをキャンセルするとどうなりますか?

アカウントのキャンセル要求を受け取ったアカウントはすぐに停止状態になり、アクセスできなくなります。毎月末に、一時中断されたアカウントで30日間のタイマーを開始します。アカウントを誤ってキャンセルした場合、30日タイマーが0になる前にアカウントを復元できます。30日のタイマーがゼロになると、データは完全に削除されます。アカウントを復元するには、 Trend Micro ビジネス Supportにお問い合わせください。また、 に再度登録することもできます。

アカウントをキャンセルするその他の影響は次のとおりです。

  • 課金課金を選択した場合、課金はただちに停止します。過去1か月の請求書には、キャンセルした時点までの使用状況が表示されます。
  • AWSサブスクリプションの請求を[年次+有料]オプションを選択した場合、年間料金は有効なままです。年間課金を停止するには、 [AWS subscription beilling]をキャンセルする必要があります。
  • 前払いの請求を選択した場合、前払いのクレジットは返されません。アカウントをキャンセルする前に前払いのクレジットを使用することをお勧めします。
  • Trend Micro Cloud Oneにアクセスできなくなったため、環境内で引き続き実行されている可能性があるクライアントなどのセキュリティリソースを表示または管理できなくなります。したがって、アカウントをキャンセルする前に でエージェント を無効化してアンインストールすることを強くお勧めします。
  • 配信されたセキュリティリソースはアクティブなままであり、リソースに対する保護を提供します。ただし、セキュリティアップデート(パターンファイルのアップデート)やソフトウェアのアップデートは行われなくなるため、セキュリティは時間の経過とともに低下します。