このページのトピック

「Trend Micro Deep Security as a Service | Annual + Pay as You Go」から「Trend Micro Cloud One」にAWSサブスクリプションを変更します

2021年3月1日現在、トレンドマイクロでは「 Trend Micro Deep Security as a Service | Annual + Pay as You Go AWS Marketplace上の新規ユーザに送信します。現在登録している場合は、期間が終了するまでサービスの使用を続行できます。サービスの使用に影響はありません。ただし、契約を更新する機会がないため、自動更新が無効になっています。

このサービスは、AWS Marketplaceの Trend Micro Cloud One の一部として利用可能になりました。契約の終了後も引き続きサービスを使用するには、Trend Micro Cloud One のリストに移行する必要があります。

Trend Micro Cloud One のリスティングに移行するには、アカウントのサブスクリプションの詳細を確認し、アカウントの種類に応じて以下の手順に従ってください。アカウントの種類を確認するには、 Workload Security コンソールに移動し、アカウント名をクリックして、[ Account Details]をクリックします。

アカウント名

アカウントの種類は なし - 最大5台の保護されたコンピュータ

現在サービスに登録されていません。別のAWSアカウントを使用してTrend Micro Cloud Oneに登録する場合は、[ Windows AWSアカウントの統合] []の順にクリックします。そうでない場合は、 Trend Micro Cloud One のリスティングに登録し、手順に従ってTrend Micro Cloud One アカウントに登録情報をリンクしてください。

アカウントの種類は AWS MarketplaceからLicensed by Annual + Pay As You Go

契約期間はまだ終了していません。契約がいつ終了するかを確認するには、AWS Marketplace Subscriptionsコンソールで契約内容を確認してください。 Trend Micro Cloud One のリストに切り替えるには、次のいずれかを実行します。

  • 契約が終了するまでお待ちください。アカウントが自動的に無料アカウントにダウングレードされます。その後、 Trend Micro Cloud One のリスティングに登録し、手順に従ってTrend Micro Cloud One アカウントに登録契約をリンクできます。

    お客様のアカウントは無料の状態ですが、トレンドマイクロの Cloud One リスティングに登録するまでは、最大5台までのコンピュータでサービスの利用が制限されます。

  • 契約が終了する前に契約を変更してください。これを行うには、Trend Micro Cloud One またはDeep Security as a Serviceアカウントに現在リンクされている同じAWSアカウントを使用して、 Trend Micro Cloud One のリストに登録してください。[subscribe]をクリックしたら、アカウントにログインしてプロセスを完了します。

    移行後、年間契約の残り時間が失われます。以前の契約は、契約期間が終了するまで有効と表示されますが、Trend Micro Cloud One のリストに記載されている使用料は請求されません。トレンドマイクロのサポート担当者またはトレンドマイクロのサポート担当者に連絡して、残りの契約期間の払い戻しを受けてください。

現在、トレンドマイクロの Cloud One リスティングは、 Payをサポートしており、 はパブリックユーザのみに対応しています。年間契約または優遇価格を取得するには、トレンドマイクロの代理店に問い合わせるか、 aws.marketplace@trendmicro.comにお問い合わせください。