目次

ユーザパスワードルールの適用

このページは従来のアカウントに適用されます。詳細を表示

Trend Micro Cloud Oneのパスワード要件、およびその他のユーザ認証に関連する設定を指定できます。

パスワード要件を指定する

セキュリティを強化するには、厳密なパスワード要件を適用します。最小8文字、英数字、少なくとも1つの大文字と1つの小文字、1つ以上の英数字以外の文字、およびパスワードが定期的に期限切れになります。

[ユーザの管理]> [システム設定]> [セキュリティ] の順に選択します。[ User Security ]セクションで、次の設定を変更できます。

  • セッションアイドルタイムアウト:ユーザが再度ログインする必要があるまでの非アクティブ期間を指定します。
  • セッションの最大期間:ユーザがトレンドマイクロの Cloud One コンソールにログインして再度サインインする必要がある最大期間です。
  • 許可されている不正なログイン試行の回数(ロックアウト前):ロックされていない個々のユーザ(特定のユーザ名を持つユーザ)が誤ったパスワードでログインしようとする回数。ユーザのロックを解除できるのは、「ユーザのプロパティを編集できる」権限を持つユーザのみです (「ユーザロールの定義」を参照)。

    ログオンの失敗回数が多すぎるなど、特定の理由でユーザがロックされた場合に、そのアカウントのロックを解除する権限を持つユーザがいないときは、「コマンドラインの使用方法」セクションを参照して、Deep Security Managerのコマンドラインを使用してロック解除を行ってください。

  • ユーザごとに許可される同時セッション数:ユーザあたりの同時セッションの最大数。

    Firefoxでは、セッションごとのCookieを設定するのではなく、プロセスごとにCookieを設定します。つまり、2人のユーザが同じコンピュータでログインし、1人がFirefoxを使用している場合は、別のブラウザで別のブラウザを使用する必要があります。

  • 同時セッションの上限を超えた場合の処理:ユーザが最大同時セッション数に達した場合に発生します。

  • ユーザパスワードの有効期限切れ:パスワードが有効な日数。無期限に設定することもできます。
  • ユーザパスワードの最小文字数:パスワードに必要な最小文字数。
  • ユーザパスワードには文字と数字の両方が必要です。:パスワード (a-z, A-Z) と数字 (0-9) をパスワードの一部として使用する必要があります。
  • ユーザパスワードには大文字と小文字の両方が必要です。:大文字と小文字をパスワードの一部として使用する必要があります。
  • ユーザパスワードに英数字以外の文字が必要です。:パスワードに英数字以外の文字を含める必要があります。
  • ユーザのパスワードの有効期限が切れたときにメールを送信する:ユーザのパスワードの有効期限が切れる前に、ユーザにメールで通知が送信されます。

ログオンに別のIDプロバイダを使用する

SAMLシングルサインオンを使用するように Workload Security を設定することもできます。詳細については、 SAMLシングルサインオンの設定を参照してください。