ユーザの追加と管理

このページは従来のアカウントに適用されます。詳細を表示

Trend Micro Cloud One には、 Workload Security コンソールの の[管理]→[ユーザ管理] ペインから作成および管理できるユーザ、役割、および連絡先があります。

  • ユーザ は、トレンドマイクロの Cloud One アカウントのユーザで、一意のユーザ名とパスワードでコンソールにサインインできます。 を参照してください。個々のユーザを追加または編集します。
  • の役割 は、Trend Micro Cloud One内でデータを表示して操作を実行する権限の集合です。各ユーザには役割が割り当てられます。「ユーザのロールの定義」を参照してください。
  • 連絡先 にはユーザアカウントがないため、Trend Micro Cloud Oneにログインできませんが、メール通知と予約レポートの受信者として指定できます。 連絡先の追加を参照してください。

ユーザを個別に追加または編集する

  1. Trend Micro Cloud One のランディングページで、[ ユーザの管理]に移動します。

    すべてのユーザ管理機能は、 Workload Security コンソールの 管理/ユーザ管理/ユーザ からもアクセスできます。

  2. [新規] をクリックして新しいユーザを追加するか、既存のユーザアカウントをダブルクリックして設定を編集します。

  3. 次を含む、ユーザの一般的なプロパティを指定します。

    • ユーザ名:ユーザが Workload Security のログイン画面に入力するユーザ名。
    • パスワード および パスワードの確認: Workload Security ログオン画面でユーザが入力するパスワード。

      パスワードの要件は、ダイアログボックスに表示されます。パスワードの要件は、ユーザのセキュリティ設定で適用できます( ユーザパスワードルールを適用するを参照してください)。

    • : (任意)アカウント所有者の名前。

    • 説明 : (オプション)アカウントの説明。
    • 役割:リストを使用して、事前定義された役割をこのユーザに割り当てます。また、ユーザを右クリックして [役割の割り当て] をクリックすると、ユーザリストから役割をユーザに割り当てることもできます。さまざまなレベルのシステムアクセス権を持つ役割は、 の[役割] [ ]ページで作成または変更できます。または、[役割]リストで[ 新しい ]を選択します。

      Trend Micro Cloud One には、 フルアクセスAuditorの2つの役割が事前設定されています。

      • フルアクセス の役割は、リソース、ポリシー、ルール、およびユーザの作成、編集、削除などのTrend Micro Cloud One セキュリティサービスを管理するためのすべての権限をユーザに付与します。
      • Auditor の役割により、ユーザはTrend Micro Cloud One サービスのすべての情報を表示できますが、個人設定(パスワード、連絡先情報、表示設定など)のみを変更できます。

    現在、カスタムの役割は、トレンドマイクロの Cloud One - Workload Securityでのみサポートされています。 Workload Security のカスタムの役割は、ユーザが他のトレンドマイクロの Cloud One サービスにアクセスしている場合に監査役の役割として扱われます。

    • 言語:ユーザがログインしたときにインタフェースで使用される言語。
    • タイムゾーン:ユーザがいるタイムゾーン。この時間帯は、日付と時刻を表示するときに使用します。
    • 時間形式:時間の表示に使用される時間形式です。12時間形式または24時間形式を使用できます。
    • パスワードが期限切れにならない:このオプションが選択されている場合、ユーザのパスワードは期限切れになりません。それ以外の場合は、ユーザのセキュリティ設定で指定された期限が切れます( ユーザパスワードルールの適用を参照)。
  4. 多要素認証 (MFA) を有効にするには、[多要素認証の有効化] をクリックします。ユーザに対してすでにMFAが有効になっている場合は、[ MFA を無効にする]を選択して無効にできます。詳細については、「多要素認証の設定」を参照してください。

  5. [連絡先情報] タブをクリックし、ユーザの連絡先情報を入力し、そのユーザが主担当者であるかどうかを指定できます。[アラートメールを受信] チェックボックスをオンにして、アラートがトリガされたときにメール通知を受信するユーザのリストにこのユーザを追加することもできます。

メールをユーザプロファイルに追加する

特定のTrend Micro Cloud One サービスでは、ユーザプロファイルにメールアドレスが関連付けられている必要があります。

ユーザにメールアドレスを追加するには、次の手順を実行します。

  1. Trend Micro Cloud One のランディングページで、[ ユーザの管理]をクリックします。
  2. 右上隅にあるユーザ名をクリックし、[ ユーザのプロパティ ]の順にクリックします。これで、ユーザのプロパティウィンドウが開きます。
  3. [ 連絡先情報 ]タブに移動し、メールアドレスを入力して、[ を保存]をクリックします。

[ユーザの管理] ページを表示する権限がない場合でも、独自のユーザプロパティを編集できます。 [Manage Users ]リンクをクリックした後、プロンプトが表示されたら[ My User Properties ]をクリックし、上記の手順に従ってください。

ユーザのパスワードを変更する

ユーザのパスワードを変更するには、 の[Administration]→[User Management]→[Users]の順に選択し、ユーザを右クリックして、[ Set Password]をクリックします。現在のパスワードと新しいパスワードを入力するように求められます。

ユーザをロックアウトする/ロックアウトをリセットする

ログオン時にユーザが間違ったパスワードを何回も入力すると、自動的にロックされます。この問題を解決するには、 ロックアウトされたユーザのロック解除を参照してください。

ユーザに関連付けられたシステムイベントを表示する

ユーザに関連するシステムイベントを表示するには、[ ユーザの管理]をクリックし、ユーザを右クリックして、[ システムイベントの表示]をクリックします。

ユーザを削除する

Trend Micro Cloud Oneからユーザアカウントを削除するには、[ ユーザの管理]をクリックしてユーザをクリックし、[ Delete]をクリックします。